貯まりに貯まった借金を計画的に返済する方法を教えます!

キャッシングやカードローン、クレジットカードのリボ払いなど、複数のところからお金を借りていたら、気づいたら自分の給料では支払いができないくらいの金額になってしまった・・・という人は多いのではないでしょうか?

いわゆる、多重債務状態というやつですね。だいたい、4件以上から借入れがあると返済はかなりきつくなります。

年収500万円前後の人でも150万円以上の借金がある人はけっこう多いのが現実です。

まとまったお金を稼ぐのは大変です。長い期間働く必要があります。しかし、お金を借りるのは一瞬です。だから、安易に「お金を借りる」という選択肢に走ってしまう人が多いのです。

しかし、他社借入の件数が4件以上になり、借金が150万円以上になると、通常のカードローン会社やキャッシング会社では審査に通らなくなります。

なぜなら、2010年6月に貸金業法が改正され、グレーゾーン金利が廃止されたのと同時に「総量規制」という新しいルールが導入されたからです。

総量規制とは「融資額は年収の3分の1まで」というルールです。

年収450万円の人なら150万円までなら融資を受けられますが、借金の合計が150万円以上になると審査に通らなくなります。

総量規制が制定されて以来、お金が借りられなくて困っている人は非常に増えています。

ただし、総量規制には高額医療費や自動車ローン、住宅ローンなど例外になる借入れがいくつかあるのです。

総量規制の例外の1つに「顧客に一方的有利となる借換え」があります。いわゆる「おまとめローン」です。(※参考

おまとめローンなら計画的に返済できる!

月1回の返済で計画的に返済!

おまとめローンとは、複数の会社から借りている借金を1つの会社にまとめることです。

アナタがA社から30万円、B社から50万円、C社から45万円、D社から35万円の合計160万円の借金があるとします。

この160万円をX社から借りて、A〜D社の4社の借金を一括返済してしまうのです。

すると、その後はX社だけに借金を返済していくことになります。

その結果、今まで月に複数回あった返済日は月1回になります。

実質年率も下がる傾向があります。だいたい13%前後の実質年率になるので、多くの人は利息も減ります。

利息額が減るということは、毎月の返済額も減るということです。

そして何より、今までワケが分からなくなって自暴自棄になっていた自分の借金を計画的に返済できるようになります。

なので、他社借入が4件以上あって、借金が150万円以上あって、総量規制で借りられない人は「おまとめローン」で借金を計画的に返済する人が増加しているのです。

そもそも、返済するお金も手元にないですし、どこからも借りられないので「おまとめローン」しか選択肢がないという事情もあるのですが。

ただし、おまとめローンが総量規制の例外ということを知らないで、闇金などに手を出してしまう人もいるので、それを知っているというだけでもアナタは勝ち組です。

では、おまとめローンをやっている会社を紹介します!

おまとめローンできる会社
会社名 融資額と実質年率 特徴
中央リテール
融資まで早いからオススメ

〜500万円

10.95%〜13.0%
他社でお断りされたお客様にもご融資できる可能性は十分にあります。

審査は最短2時間、融資は最短1日。
相談窓口の担当者は全員が国家資格取得者。

基本的に、銀行がやっているおまとめローンは審査が厳しく、審査にも時間がかかる傾向があります。

ですから、急いでいる人には中央リテールをオススメします。

知名度は低い会社ですが、日本貸金業協会の会員ですし、上限金利も13.0%とここで紹介している会社の中では一番低いです。(150万円くらいのおまとめローンの場合、上限金利が採用されることが多いです。)

急いでまとまった金額が必要な人なら融資まで最短1日の中央リテールを選ぶといいでしょう。

それほど急いでいない人なら、銀行のおまとめローンに申込むといいでしょう。

審査も厳しいですし、審査時間もかかりますが、知名度や信頼性という意味では銀行ならではの安心感がありますよね。


他社でお断りされたお客様にもご融資できる可能性は十分にあります »

「合法的に返済額を減らす」「返済を諦める」という手段もあります。

なんとなくしか知られておらず、きっちりと理解できている人が少ないのですが、「合法的に返済額を減らす」または「返済を諦める」という手段も選択肢としてはあります。

専門用語で「債務整理」と言います。

具体的には「任意整理」や「民事再生」、「自己破産」という手段をとります。

この中で一番ハードルが低いのが「任意整理」です。

「任意整理」とは裁判所を通さずに、アナタがお金を借りている金融機関に毎月の返済額を減らしてもらったり、金利をなくしてもうらうように相談することです。借金の返済は続きますが、返済がラクになるということで「債務整理」の中では一番利用されています。

「民事再生」は裁判所を通す必要がありますので、「任意整理」よりはハードルは上がりますが、返済が困難であることが認められれば、借金の総額を5分の1から10分の1まで減らしてもらうことができます。借金の額は減らせますが手続きが大変です。

最後に「自己破産」ですが、裁判所で借金をゼロにしてもらうという一番ハードルが高い方法です。

仮に、認められて今の借金はゼロになっても、その後は「自己破産した人」という目で社会から見られてしまいます。

当然ですが、その後の金融機関からの信用はゼロなので、お金を貸してもらうことはできなくなります。

また、お金以外の財産、たとえば車や土地、マイホームを持っている場合は没収されることも多いです。

いずれにせよ、「任意整理」「民事再生」「自己破産」ともに、自分1人で申請をするのは難しいので、まずは専門化に相談することになります。

オススメの相談所は「借金相談カフェ」です。なぜなら、匿名で無料で相談できるからです。最初に個人情報を知られるリスクがないので、気軽に相談できます。

すでに100万円以上、もしくは自分で返済できないくらい借金を抱えてしまった人なら無料なので使わないのは逆に損だと思います。相談するだけなら0円なので。

他の人が合法的に借金の額を減らしていたり、借金をチャラにしているので、自分だけいつ終わるか分からない返済を続けるのは心底辛いと思うので、一度相談してみるといいでしょう。ちょっとしたアクションで人生は大きく変わることがありますから。

借金相談カフェ »